運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれる

運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれるまで、一体どれくらいの時間がかかるかというのは毎回同じ、という訳にはいきません。何階にある部屋なのか、荷物は何個か、それからスタッフは何人かなど、様々な要因により全く変わってくるものです。そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、普通より、かなり荷物の多い家族であるなら2時間を越えるくらいで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面はたとえ全く同じ引っ越しだったとしてもいつ引っ越すかによって大きく変わります。
年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しが多く、繁忙期になるため全国どこでも相場が高くなります。このことから、できる限りいわゆる閑散期に引っ越しを実現できると費用もサービスもお得になります。
なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。
どのような場合でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、業務用ダンボールはほとんど無料です。そうなるとサイズが揃わなくなります。
ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同一サイズでない場合、気をつけて積み重ねないといけません。
引っ越し準備の諸々は、すごく手間暇がかかります。片付けは慌ててやるものではありませんが、準備は引っ越しするその日までに終わらせていないといけません。
怠け者の自分は、いつから取り掛かろうかと考えつつも、最終段階になってから慌てて準備を始めるタイプです。いざ引っ越そうという時に、部屋のエアコンをどうすればいいか、という問題にお困りではないでしょうか。
エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。
取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、考えることが多くて迷います。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談し、利用を考えてみるのも良いですね。引っ越しを決断したことに伴い、エアコンが邪魔になってしまいました。普通の賃貸物件ですと、エアコンが付いています。今住んでいる場所は、昔の寮だったため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。
ああいう寮じゃなく、賃貸にすべきだったとほとほと後悔しています。
依頼したらいいですね。
ギリギリになってしまうと、じっくり検討せず先に進めてしまうこともあります。加えて、早期に、引っ越し費用のコストダウンもできるでしょう。
お願いできる業者が限られることもあるので、気をつけましょう。就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートに引っ越すことになりました。
初めは3年くらいのつもりでここを離れて実家に帰る予定で、今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、ずるずると居続けてしまい、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、よく調べてみるとここの方が税金が安いのでこれからの住所変更もありかな、と思っています。新居への引っ越しを済ませ、住所が変更になったのなら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。ほとんど車に乗らないから、数年先の免許更新時までは特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。
でも、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。
例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は本人確認書類として使うことができます。
それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。無駄なお金を一円でも使いたくなければおよその見積もりを出してもらってから、引っ越し業者を決めるべきです。
正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、いろいろな事情で、それが難しければ荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えれば一番適当なプランがわかります。他社との比較をすることで標準価格から引いてくれることもあるので、忙しくてもひと手間かけて、複数の引っ越し業者から見積もりをとることをおすすめします。
引っ越しの際、業者選びは大事です。
「どこでもいい」という訳には決していきません。そして、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであればよく知られた大手業者を選んだ方が良いようです。
あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。
こういった大手は、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。
それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。引っ越しも、単身世帯だと引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。
ワンルームに引っ越すとすると、かなりの面積を占めるのがベッドです。
それに、業者がベッドを移動するとき、新居の入り口からベッドを入れられないなどの困った事態になることもあります。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。
カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物移動の際には、言うまでもなく荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。軍手の選び方を間違えると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。
エアコンの取り外しが引越しの時に全然わかりませんでした。友人に尋ねると、自分でするなんて絶対にできないと言われたのです。
そういったことから、エアコン取り付け業者にお願いして、引越し先へ持参できるように、取り外し作業をしてもらったのです。とても容易にしていて、本当に流石だと思いました。
多くの方は、引っ越しを契機としていろいろな面にわたって、生活全体を見直すことが必然ですが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも今後の対策を考える時です。引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、まず、引き落としされていれば中断して、NHKとの契約を終わらせることをぜひ検討してください。

引っ越しによって住環境が変わると、次の生活に対応

引っ越しによって住環境が変わると、次の生活に対応するために予想外の出費を避けられないので、引っ越し作業については予算の削減を図っていきたいですよね。まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。ほとんどの割引サービスはいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せばオフシーズン割引になるので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。マイホームに転居した際には、隣のお家に挨拶の為に出向きました。
ささやかながらお菓子を購入し、のしが無いままに渡しました。
初めての体験だったので、少々緊張を覚えましたが、マイホームというとこの先定住するところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。
荷物のすごく多い、大家族ですので、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。ところで、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。料金は料金としてちゃんと払うにしても、長時間の大仕事をこなしてくれましたから、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス千円札一枚ずつをお渡ししております。しかし、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。
早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として必要な物と不要な物の選り分けを進めていくと、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。
引っ越し時に出る粗大ゴミなのですがいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。粗大ゴミは、まず自治体に処分方法を尋ねて指示通りに処分することになります。粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、余裕を持って処分しておきます。
通常の場合、引越しに追加料金を取られることはありません。
しかしながら、それは、事前に引越し業者が、見積もりに来た場合や自己申告した家財道具の量が正確な場合です。
引っ越し業者というのは、トラックの容積や作業時間で引越し料金を計算しています。もし、大幅にオーバーしてしまう時には、追加料金がいるでしょう。今日においても、引っ越しの挨拶は必要不可欠なようです。
元の家や引っ越し先の隣人に対して挨拶した方が今後の生活にプラスに働くと思います。
挨拶をしなかったせいで隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。
普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。円満に解決するためにも、隣人になる相手には、可能な限り挨拶をしておいた方が良いと言えます。引越し会社への一括見積もりを初めて活用しました。多数に問い合わせする手間がかからなくて、めんどくささを感じませんでした。
問い合わせをした後、数社の引越し業者から、見積りのためにお会いしたいと連絡がきました。
重ならない時間調整が難しかった。
数年前になりますが、新居が完成して引越しした際、自分のデスクトップパソコンを壊さず運ぶことに気を遣っていました。
引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。
運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。
パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたため表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。
引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。計画通りテキパキと進めていければそれが一番良いのですが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。計画にゆとりがあれば計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。
引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しするということは、生涯の中でも生活の一大転換になる出来事ですが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも十分考えられるのです。
引っ越し当日はみんな忙しいのに、多くのことを同時にこなそうとし、何か一つが狂ってしまうと全体の予定が狂ってしまうこともあるのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。
この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、契約締結をするためには印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということはまったく知らずにおりました。
親が私の代理で印鑑登録を申請してくれてはいたものの、違う市から転入することになる今回の場合は、新しい引っ越し先の役場で印鑑の登録も新たにすることになっています。契約直前になっていきなり登録に行く事になったので忙しかったです。
こういう手続きは余裕を持って行いたいですよね。
引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。
業者に荷造りを全部任せているのなら、防水などは徹底してくれますから、荷物が傷む恐れはないはずですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。
業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、防水対策は必要です。
予想外の急激な雨にも対応できるよう防水対策をやり過ぎてしまう、ということはないはずです。職場が変わったのでその近くに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。その際、不要になったものやいらない服などを一気に処分し、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。
毎晩使っているのでなかなか手放せないものかもしれません。犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。
この子と暮らし続けるため、住むところを変える際には必ずペット飼育可能なマンションのことをがんばって見つけるようにしています。
ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、ドッグランや犬用の水飲み場といったような設備の整った物件をみつけたいものです。そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなっても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。
引っ越しの荷物の移動についてですが、設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うと洗濯機、というのは間違いないでしょう。
水を毎日大量に使う家電ですから水道の近くに置かれるはずです。
洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。

先ごろ、引越しをしました。引越

先ごろ、引越しをしました。
引越し業者に依頼しましたが、それでも想像どおり大変でした。大変だったことを挙げると、多種多様な手続きです。
住む自治体が変われば、印鑑証明に求められる印鑑登録も行っておく必要がありました。必要となることはまずありませんが、安心のため登録しておきました。単身で引っ越しするときベッドを置くべきかどうか考えることがあります。
ロフトなしワンルームであれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても転居先のドアからベッドの搬入ができないという問題も起こるものです。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみるといいかもしれません。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。
荷物の量に見合ったダンボールを調達して、日程を考えて梱包作業を進めます。日用品は取り除けておき、それ以外をざっと分類して梱包するのが普通です。中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと片付ける手がかりになります。
電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。
引越しにつきものなのが粗大ゴミ整理です。
引っ越す時に捨てるのは困難ですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。
荷物をまとめ始めるのと、同じくらいに粗大ゴミを処分すれば、のちのちが楽になります。
処分日を前もってチェックしておくことも大切です。「引越しソバ」というものとは新居に引越しをした時にお隣さんへのご挨拶としてお持ちするものです。
私も以前もらったことがございます。
細長いソバとかけて、細く長いご縁をこれからよろしくお願い申し上げます。という感じのメッセージが込められているそうです。
自分の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、他は自分たちの車で移動しました。
荷物を全部移動させたところで、市役所で転入の手続きをしてきました。何かと見落としていたこともあったけれど、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。
ご近所への挨拶も済ませ、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。私は引っ越し時に、自宅にあった不用品を買取りをしていただきました。
もう着ない服や使わない家具など、様々にありました。
業者の方に自宅まで来てもらって、全部まとめて査定をしてもらったのです。すると、思いがけない査定額となりました。私のいらなくなったものが、お金になったのです。
すごく嬉しかったです。
あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入する市区町村の役所に行き、転入届を出すのです。言うまでもなく、転出届とセットでないと引っ越し先で転入届を出せないことにもくれぐれも注意してください。税金や社会保険などの根拠になりますので忘れずに手続きしましょう。引っ越しの際、業者選びは大事です。「どこでもいい」という訳には決していきません。
そして、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら全国に支店のある大手にしておくと良いようです。
あえて業者名を挙げてみますと、CMでも有名な、アリさんマーク引っ越し社でしょうか。
全国展開しているような大手ですから、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。
それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる安心して引っ越しを任せることができるでしょう。
無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。
「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、この次の更新時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。
例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。
住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。
新築の家が完成したのが数年前です。
引っ越ししたときに、デスクトップパソコンを無事移動するために、気を遣っていました。引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。
業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。
しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、データもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。
引越しを前日キャンセルすることになり、引越し業者へ電話したところ、キャンセル料が、引越し代金の10パーセントかかりますと、その業者からいわれました。
かつて違う引越し業者でキャンセルをしてしまった時は、引越しを明日に控えた日でも引越し代金を全額支払いを命じられたので、前回よりも安く済んで、ほっとすることができました。
仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣人はどんな人なのか、ほとんど知らなくても生活が成り立つことが常識になっているようです。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときにはお互いに助け合えるというつながりがあった方が良いでしょう。関係作りの最初の一歩として、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶に行くことをおすすめします。
煩雑な書類手続きも、引っ越しの時には増えてきます。
中でも特に重要度の高いものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば一石二鳥です。引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思っても必ずやっておくべきです。
家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産業者や大家さんが、その場で確認することになります。敷金をいくら返還するかに、関係してきますから、努力してキレイにクリーニング作業をしておいてください。
また、リフォームの必要な箇所を、お互いに調べることで、トラブルを防ぐことにもつながります。

友達の紹介で、引越しのサカイに見積もってもらいまし

友達の紹介で、引越しのサカイに見積もってもらいました。とても気持ちの良い営業マンがやって来て、しっかり相談にのってくれたのです。
想像したより安い値段で見積もってくれたので、その日中に即決しました。引越しそのものもものすごく丁寧な作業で、言うことなしです。引越しをするときのコツとは、新居での間取りを考えて、荷造りをしていくということです。段ボールなどに荷物を詰めていく時に、これをどの部屋に収納していくのかを考えて、ダンボールにメモしておくと新居に到着してから余分な労力を省くことができます。
他に、手続きに必要な物事は順に計画的にこなしていくと良いです。田舎から出て初めて一人で生活することになりました。この時、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。
全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、トラックを使って自分で運ぶよりも全然安い値段で引っ越せました。
布団のように、かさのあるものは向こうで新品を買うつもりでしたのでこういった方法もとれたのでしょう。
賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。
管理会社から物件の担当者が部屋に来て、破損などがないか細かくチェックします。これを終わらせたら、めでたく退去が叶います。
ケースごとに多少違ってきますが、払うべき公共料金の支払いは済ませておくのが常識ですし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。
引っ越し作業を業者に任せないで、やれるところまで自分で作業をする、というのであればとにかく、効率よくコンパクトな梱包を目指します。
普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い梱包すること、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。
いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の届は早く出した方が良いのです。
転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。
住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口に出し、必要事項を書いて出せばすぐ変更できます。大変な大掃除、それは引越しの時です。家財道具を丸ごと運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、前もって、少しずつ始めていくのが結局、自分が楽になります。
コツは荷造りの前に、家の掃除を始めることだと思います。それによって、最終的にはさっと軽く掃除するだけできれいになります。
自分だけの引っ越しは業者に頼まないでやった方が費用を抑えることができるしコスパがよいと思うかもしれません。
ですが、実は大物を運ぶのも骨が折れますし、すごく時間と手間を必要とするのです。
ならば、引っ越し業者の単身パックを依頼した方が安く済みますしさっさと楽にできるのでお勧めです。自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引っ越すのであれば、退去時の原状回復義務はつきものですが、経年劣化は避けられないこととして考慮されます。
破壊や破損が明らかな箇所は修理費用の請求につながる可能性が大です。
壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは入居者の費用負担で直す必要はありません。
余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。
これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
まず、当日の時程を確認するべきです。何時の約束で引っ越し業者が来るか、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。
搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、当日の関係者のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。
搬入が終わったら、飲み物を出すことで夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。
「引越しソバ」という慣しとは転居の際に近くの家の人にご挨拶として配って回るものです。
私も一度だけですがもらったことがありました。細く長いソバのようなご縁を今後ともお願い申し上げます。
というようなメッセージがあるようです。
今の家に私たちが引っ越したとき、1歳になる子供と一緒でした。
1歳児とはいえ何かと変わったことを感じていたようで戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。子供のものも知らぬ間に増えていたので片端から仕分けて捨てることになりました。何かと整理する中で母子手帳を見つけて読み返してみました。ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道を開通させることは最重要項目の一つでしょう。
水はいつ頃使えるようになっているとベストかというと、これは、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。
そしてちょっと念入りに、引っ越し当日の一週間程前に水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。
私たち家族は最近、三回目になる引越しをしました。
引越しの作業は毎回面倒ですが、慣れてしまいました。
荷造り、荷ほどき、ほとんど私がすることです。
夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除や片付けをしてくれます。
ただ、この度は洗濯機の水抜きを忘れたことにより、新居の洗面所が水びたしになりました。洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。
以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。
引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたので利用した引っ越し業者に電話しました。
原因は、洗濯機でした。
ホースの中の水が何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。
その状態のままで荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。
他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。
でももし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。